セカンドスタディーの料金

現在、値段設定を変更している最中です。
具体的な料金につきましてはお問い合わせをお願い致します。

1.入会金が無料!

通常55,000円今だけ無料に!

2.解約金が無料!

中途解約金(違約金)を請求しません。

3.教材費が無料!

基本的にお手持ちの学校教材を使います。

様々な割引キャンペーンをご用意してます

「母子家庭・父子家庭」応援
母子家庭や父子家庭のご家族の方は、お子様お一人につき、 小学生:退塾まで500円割引 中学生:退塾まで1,000円割引 高校生:退塾まで2,000円割引
家族割引
お兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒にオンライン塾をはじめませんか? それぞれのお月謝を割引ます。 小学生:1年間500円割引 中学生:1年間1,000円割引 高校生:1年間2,000円割引
不登校割引
不登校の学生さんには復習だけではなく、学校の代わりになるような指導をします。 小学生:退塾まで500円割引 中学生:退塾まで1,000円割引 高校生:退塾まで2,000円割引
乗り換え・掛け持ち割引
現在、他の塾に通われている方が、セカンドスタディーに入塾された場合(掛け持ちでも構いません)、 小学生:1年間1,000円割引 中学生:1年間1,500円割引 高校生:1年間3,000円割引

*割引併用不可

いつでもどうぞ!080-3874-9462受付時間 平日16:00-22:00[土日祝を除く]

メール【24時間対応】

通常コース
【60分(90分)/5科目対応】

塾で直接指導ができます。または、塾のPCタブレットを使用して県外の先生のオンライン指導が可能です。

中学数学特化コース
【90分/中学数学のみ】

中学数学に特化した講師による集中コースです。
短期間で成果を出すことを目標にしています。

短期入塾コース
【60分/5科目対応】

1ヶ月だけ、2ヶ月だけのお試し入塾が可能です。

家庭教師コース
【90分/科目選択】

ご家庭にオススメの講師を派遣します。

指導の重要ポイント

1.専属講師のパーソナル授業

完全に生徒の能力や目標に合わせた指導です。生徒のことを徹底的に分析して、どのような指導方法が向いているのかなど、性格ややる気、理解力など様々な情報から専属授業を行います。プロスポーツ選手が専属コーチと練習しているのと同じです。例えば、最初にホワイトボードで授業をしてから始める生徒もいれば、いきなりたくさんの問題を解く生徒もいます。生徒に適したアプローチで確実に成績アップへ近づきます。

2.家庭学習の習慣化

生徒管理を行います。現在どのような家庭学習を行っているのか、これからどのようになりたいかなど。なりたい自分になるためには家庭学習は欠かせません。早いうちから家で勉強するクセを付けることで受験の時も1歩リードできます。また、当塾ではメンタルケアにも力をいれています。勉強の悩みや受験期の悩みはもちろん、学校や友達とのお悩み相談もできます。いつでも塾に帰ってきてくださいね。

3.圧倒的復習力

とにかく復習!何度も何度も、しつこいくらいに復習をします。「誰かに教えてあげることができるまで」を目標に、しっかりと頭に記憶させます。マンツーマンだからこそ、一緒に頑張れるというのが強みです。

いつでもどうぞ!080-3874-9462受付時間 平日16:00-22:00[土日祝を除く]

メール【24時間対応】

セカンドスタディーが
お子様のためになる
3つの理由

  • 完全マンツーマン
    圧倒的復習力の授業
  • 専属講師
    パーソナル授業
  • 心の居場所を提供する
    メンタルサポート

完全マンツーマン指導で圧倒的復習力の授業

マンツーマンだからこそできる徹底した学習アプローチ!

専属講師によるお子様だけのパーソナル授業

お子様の分析を行い最適な学習アプローチをします

あなたにぴったりの先生をご用意します!

在籍講師(一部)2021年1月時点

「お子様に合わせる指導」の具体例

入塾面談&体験授業
このとき「SSシート」と呼ばれる分析シートでお子様の分析を行います。
SSシート
以下の3つのポイントから分析を行います。
【1】学習の理解度
【2】性格
【3】能力
お子様専用のベストな指導プランを提供
「今やるべき勉強」を「お子様の性格に合わせた接し方」で「お子様の能力を最大限に生かした」やり方で進めていきます。
定期的な指導方法のチェック
勉強をしていく中で、だんだん楽しくなったり、積極的になったりします。その時々に合わせてアプローチも変えていきます。

同じ「数学」でも人によって指導方法は違います!

実際の指導例(Aくん/数学)

とても平均的な感じ。指導を行なった感じから、全体的な理解はなんとなくできている。ただし、計算スピードや凡ミスが多い。また時間をかけすぎている。
・学校の復習を行うこと
・基礎問題をたくさん解くこと
を行う。

・褒めて伸びるタイプ
→努力しているところや集中して頑張ったところなど、褒めるべきところでしっかりと褒める。
・面白いこと新しいことに興味を示す(刺激が欲しい)タイプ
→基礎問題をダラダラやると飽きたり集中力が途切れたりするので、時間制限を作りゲーム性を持たせたり、早技などコツを紹介して刺激を与え続ける。
・少しワガママ気質
→こちらの指示に強引にのせるよりも、相手のペースを尊重してうまく合わせる。

基本的には「まずは一緒に解く」指導方法にする。2問目はヒントを出す。3問目から自力で解くやり方にする。また、様々な角度から解説をしてみて相手の理解に届くまで解説を繰り返す。その後、類似問題を繰り返して体に染み付くようにする。集中力が長く持つタイプではないので、適宜、雑談を挟みモチベーションの維持を試みる。

実際の指導例(Bくん/数学)

中学生ではあるが小学校の頃から数学がわからない状態。また、完全に苦手意識を持っている状態。
・小学生の内容から復習する
・超基礎の問題から行い「やればできる」を実感してもらう

・あまり喋らないタイプ
→自己表現をあまりしないので雑談を通してコミュニケーションを無理のない範囲で行う
・怒られるのが苦手
→できなくてもいい。ゆっくりと一つずつ進めていこう。というアプローチをしていく。
・細かいことを気にしないタイプ
→細かい説明はやめて、いったん大雑把に説明する。そして一緒に問題を解きながら体で覚えていく。

「黒板授業」「一緒に解く」の指導方法にする。とにかく数学に対する苦手意識が強いため、問題を解く前から「自分にはできないだろう」という先入観が強い。なので、中学生ではあるが小学生の内容から始める(現在の学校の授業に活かせる範囲)。超基礎問題を解くことで、「あれ、以外とできるな」という「やればできるのではないか」という自分自身の可能性を信じさせる。気持ちを前向きにして1つ1つ確実に、一緒に、進めていく。

実際の指導例(Cくん/数学)

進学校であるため授業のペースがかなり早い。また、本人の理解度も早い。しかし、テストの問題が難しすぎるため点数が上がらない。
・学校の復習に加えて応用問題に取り組む
・基礎問題は完璧にする
・予習ペースで指導する

・コツコツ頑張り屋さんタイプ
→しっかりと指導計画を立てて、テストまでに確実に仕上げていく。
・気持ちが入りきれてない
→勉強に対して少し受け身の気質。
・協調性が高い
→こちらの指示に的確に従うので、本人のことを考えつつもこちらのペースで支えてあげる。

「黒板授業」の指導方法にする。いったんザックリと復習をして、その後はひたすら問題を解く。まずは基本問題を行い、できていることを確認したら積極的に応用に取り組む。また、学校のペースが早いため「黒板授業」の指導方法で予習と理解を行う。

心の居場所を提供するメンタルサポート

こどもだって悩みはあるんだ!

専属の講師と直接相談
メンタルケア専門のカウンセラースタッフと相談

*連絡先交換は禁止です。塾の公式「お悩み専門LINE」を経由します。

学生時代にイジメられた経験のある講師、カウンセラーを利用したことある講師、受験で苦しんだ講師、同じ経験をしたからわかる「気持ち」を「共感し合う」コミュニケーションを行うことができます。

当塾には「不登校割引」もございます。
中学生でも小学校の内容から復習するなどレベルを自由に合わせることができます。